症状を見逃すな!! 肝臓のSOS

肝臓に関する基礎知識

肝臓とすい臓

さてここまでは肝臓について考えてきましたが、ここでは肝臓ととてもつながりの深い臓器であるすい臓について考えてみたいと思います。すい臓という臓器は何でしょうか。それは胃の後ろ側に隠れるようにして位置している臓器で横に長く15センチメートルくらいの大きさのものです。形は頭の部分が少し膨らんでいて尾っぽにあたる部分に向かってだんだんと細くなっていきます。

すい臓は主にどんな働きをしている臓器なのでしょうか。大きく上げると2つの働きがありますが、それは外分泌と内分泌というものです。外分泌というのはたんぱく質や糖質や脂質といった3大栄養素を消化吸収するために必要な酵素を作って体の必用な器官である十二指腸に送り出すことです。

食物の消化を促進して効率よく吸収するために炭水化物の消化を助ける酵素であるアミラーゼやマルターゼやラクターゼなどの酵素、そしてたんぱく質を分解するために必要な酵素であるトリプシン、そして脂肪を分解するのに必要な酵素であるリパーゼなどの酵素を生成しています。これらが合わさってできている液体がすい液と呼ばれるものです。

不思議なことにこのたんぱく質を分解する酵素であるトリプシンはすい臓自体を分解してしまわないために十二指腸に放出されるまでは不活性状態に保たれているというのですから人体の創りの深さには驚嘆してしまいます。

一方、内分泌というのは血糖値を調整するために必用なホルモンを体内に放出することを指しています。このホルモンはランゲルハンス島と呼ばれる、すい臓の組織内に島のように散らばっている組織で生成されます。主に血糖値を下げる働きをするインスリンと逆に血糖値を上げる働きをするグルコガンというホルモンが作られています。

Copyright © 症状を見逃すな!! 肝臓のSOS All Rights Reserved.