症状を見逃すな!! 肝臓のSOS

肝臓に関する基礎知識

肝臓に良い生活習慣

肝臓を大切にするためにはいくつかのポイントがあります。それらを守ることで肝臓病を避けることがより易しくなりますし、肝臓病を患ったことのある方であれば肝臓をいたわることが出来るようになります。ではどのような点に気をつけることができるのでしょうか。

まず運動です。運動はしなくてもしすぎても肝臓には負担がかかります。適度な運動を毎日行うことで丈夫な体を作り肝臓にも良い影響をもたらすことが可能になります。水泳やマラソンなどの過酷な運動は避け、ウォーキングやストレッチなどの軽めで血流をよくする運動が向いているでしょう。

食べすぎには注意しましょう。もちろん食べなさ過ぎるのも良くありません。コツはバランスの良い食事です。昔から食品群に分けてそれぞれをどのくらい取り入れると良いのかということが言われています。油やでんぷんや糖類はあまりたくさん取る必要はありませんが、たんぱく質や野菜や海藻類は適量を取り入れることによってからだの状態を良くすることができます。

入浴は長時間の高温は避けましょう。入浴そのものは血流を良くしますので体の中から余計なものを排出するためには効果的です。しかし長時間湯船に使ってしまうと心臓だけでなく肝臓にも負担がかかりますので避けましょう。また温泉などの中にはかなりの高温のものもありますので適温の温泉を選ぶことができるでしょう。そういう意味ではサウナの使用も程々にする方が良いかもしれません。

他にも上げることができるかもしれませんが、人によって効果のあることや無いこともあります。基本的に体にとっていいことは肝臓にとってもいいことなので、適度な運動とバランスの良い食事、睡眠を心がけましょう。

Copyright © 症状を見逃すな!! 肝臓のSOS All Rights Reserved.