症状を見逃すな!! 肝臓のSOS

代表的な肝臓病

肝臓の関係する病気

肝臓はこれまでも取り上げましたが、病気のサインをなかなか出してくれない沈黙の臓器です。病気の初期の段階ではなかなか発見が難しいので、自覚症状に頼っていると後で取り返しの付かない事態にまでなってしまうこともあります。

しかしそうは言っても自覚症状がまったく無いというわけでもありませんので、細心の注意を払っているならある程度の発見はできます。疲労感や倦怠感や食欲不振など他の病気でも起きるような自覚症状ですので、検査をするときに肝臓も含めるなら安心でしょう。

日本においては肝臓の関係する病気の8割程度はウイルス性のものです。そして残りの2割もほとんどはアルコールの関係したものとなっています。それで生活習慣や病気の症状を押さえることでより病気を見つけやすくしたり予防したり出来るようになります。

ここでは肝臓の関係する病気を簡単に紹介してみたいと思います。詳しくはこの後の項目でそれぞれ詳細に紹介したいと思います。まずアルコール性肝障害です。肝臓が処理できる異常の量のアルコールを取り続けることで肝臓が脂肪肝や肝硬変などの病気に侵されてしまいます。これは毎日のアルコール摂取量をきちんと管理するだけで防げる病気ですので生活を考えることが必要です。

次に取り上げるのはウイルス性肝炎です。日本で最も見られるもので、種類はA型、B型、C型、D型、E型の5つが知られています。A型とE型は汚染された水や食べ物から感染します。B型とC型とD型は輸血や母子感染や性行為感染症やピアスの穴あけ加工などで感染します。ほかにも脂肪肝やストレスによるNASHという肝臓病、肝硬変などが有名です。

Copyright © 症状を見逃すな!! 肝臓のSOS All Rights Reserved.