症状を見逃すな!! 肝臓のSOS

代表的な肝臓病

劇症肝炎

劇症肝炎とは急性の肝炎の中でも特に重症のものに分類されていますが、高度の肝機能不全と意識障害である肝性脳症や肝性昏睡が特徴です。

日本では診断の際に肝炎の症状である発熱や風邪のような症状、倦怠感や食欲不振などが現れてから8週間以内に意識障害である肝性脳症が発症していることや肝機能不全を示す血液性化学検査であるプロトロンビン時間が40パーセント以下を示していることなどが決め手になります。また肝性脳症が出るまでの日数により急性型と亜急性型に分けられています。この急性と亜急性型に分けられているのは主に死亡率の関係するところが大きいようです。

原因としては主にウイルスとアレルギーが挙げられています。中には自己免疫性のものもあります。ウイルスによる劇症肝炎には肝炎ウイルスによるものとそれ以外のウイルスによるものとがあります。でもほとんどの場合肝炎ウイルスによるものが多数を占めており、その中でもB型肝炎ウイルスによるものがほとんどです。しかし原因不明のものまだ発生しています。海外渡航歴がなくても発生することがありますので注意が必要です。

症状としては肝性脳症が特徴的です。しかし発症してからしばらくは普通の急性肝炎とあまり違いはありません。発熱や倦怠感や食欲不振、風邪のような症状や嘔吐からはじまり、そのうち尿の色が濃くなって黄疸が出始めます。その後意識障害が出ることで劇症肝炎であることが判明します。

もし劇症肝炎の可能性が疑われたら直ちに病院で診察を受けることが必要です。たとえ意識障害が発生していなくても一刻を争う病気ですので自己判断や油断は絶対に厳禁です。

Copyright © 症状を見逃すな!! 肝臓のSOS All Rights Reserved.