症状を見逃すな!! 肝臓のSOS

代表的な肝臓病

C型肝炎

C型慢性肝炎とはC型肝炎ウイルスによって引き起こされる肝炎のことです。半年以上肝臓の炎症が続き細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。この病気も初期症状はほとんどありませんが、放置しておくと長い間に肝硬変や肝臓がんに進行しやすい病気です。日本においては100人に1~2人ほどが感染するといわれており、その中には感染していることに気が付いていない持続感染者いわゆるキャリアも含まれています。

ウイルスはナノレベルの大きさで自己複製のできる遺伝子をたんぱく質で覆っただけの少し変わった微生物です。遺伝子の種類により分類されていますが1型2型に分けられます。日本人に多いタイプは1bで約7割を占めていますが、このタイプはインターフェロンが効きにくい型とされています。

C型肝炎ウイルスは主に血液を介して感染します。空気感染や経口感染はありませんので、ほとんどが輸血や注射器の使い回しによるものだといっても過言ではありません。それで現在では主にピアスや刺青などの加工、覚せい剤などのまわし打ち、不衛生な状態での張り治療など感染経路はかなり特殊になっています。性行為による感染や母子感染はかなりまれなこととされています。

C型ウイルスによる肝炎は軽い肝炎のまま進行していき、治療しないと10~30年かけて徐々に悪化していきます。その後肝硬変や肝臓がんへと変化します。

先ほども触れましたが日本での感染者はキャリアも含めると150~200万人ほどと推計されています。年齢別では40代以降の患者が最も多く、治療を受けている人はそのうちの約50万人程度となっていて、計算上100~150万人は治療を受けていないことになります。肝臓がんの原因の約8割はこのC型肝炎です。

Copyright © 症状を見逃すな!! 肝臓のSOS All Rights Reserved.