症状を見逃すな!! 肝臓のSOS

肝臓とアルコール

お酒に強い人と弱い人

さてここからは肝臓に関係することの多いアルコールに関して考えていきたいと思います。まず一番疑問に感じることの多い点かもしれませんが、どうしてお酒に強い人と弱い人がいるのでしょうか。実はこれは遺伝的な要素がかなり強く関係しており、肝臓が保有しているアルコールを分解する酵素が多いか少ないかに関わっているようです。

私たちがお酒を飲むと体内に入ってきたアルコールはそのほとんどが肝臓に運ばれて処理されることになります。そして肝臓に入ってくるとアルコール脱水素酵素というADHという酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。

しかしこのアセトアルデヒドはかなりの毒をもつ物質でこのまま体内に循環してしまうと赤面や吐き気や頭痛や頻脈などの重症症状を引き起こしてしまいます。それで体内ではさらに次の分解としてアセトアルデヒド脱水素酵素の働きにより毒性の少ない無蓋に近い酢酸に変えられます。そして全身の組織に運ばれて最終的には炭酸ガスと水に分解され、体外に排出されることになります。

このアセトアルデヒド脱水素酵素には型があって、血中のアセトアルデヒドの濃度が高くならないと働かない1型と、低濃度でも働く2型があります。そして日本人の約4割はこの2が他の働きが弱いタイプのつまりアルコールの分解する力が弱いタイプの人に分類されます。この低活性型のひとは少量のお酒を飲んだだけでも顔が赤くなり悪酔いしやすいタイプであるといえます。

さらに日本人全体のうちの20人に1人はお酒がまったく飲めない不活性型の人であるということです。したがってこのタイプの人は少しでもアルコールが体内に入ると気分が悪くなってしまいますので無理に飲ませることはもちろん、本人も無理に飲まないようにしましょう。

Copyright © 症状を見逃すな!! 肝臓のSOS All Rights Reserved.