症状を見逃すな!! 肝臓のSOS

肝臓とアルコール

肝臓をいたわるおつまみ

では実際にはどんなものを食べながら飲むといいのでしょうか。お酒を飲むときには高たんぱく食品や抗ビタミン食品がお勧めです。例えば次のようなものは体にも優しい食品だといえます。冷奴や湯豆腐などのお豆腐の料理、アサリの酒蒸し、白身魚の料理、イカやタコや貝などのお刺身、牡蠣の料理、きのこやきゅうりの酢の物やタコの酢の物、おでんの野菜系の具、スティック野菜やもろみのきゅうりなどの料理です。

たんぱく質の料理はなぜ体をいたわるのでしょうか。肝臓でアルコールを分解するために必要な酵素はたんぱく質から作られているからです。たんぱく質を取り入れることで肝機能の改善や肝細胞の代謝も進みます。

特に植物性の良質のたんぱく質は体の中で作り出すことのできない必須アミノ酸を豊富に含んでいますので、大豆製品であるお豆腐は体にとっても優しい食べ物だといえるのです。豆乳やお豆腐などの大豆製品は進んで取り入れることをお勧めいたします。

ビタミンの食品はどうして体にいいのでしょうか。肝臓で行われる仕事のひとつ、代謝作用にはこのビタミンが欠かせません。たんぱく質や糖質や脂質を代謝するために必要なのです。このビタミンも体内ではほとんど作り出すことができませんので、食べ物で取り入れることが必要になります。それでビタミン豊富な食べ物が必要なわけです。

それでおつまみの王様である枝豆は大豆の子供みたいなものですので、たんぱく質とビタミンの両方を効率よく取り入れることのできるすばらしいおつまみであるといえるでしょう。枝豆一握り、約100グラムほどを食べるだけで1日に必要なビタミンCの所要量の約半分を取り入れることができるのです。またビタミンAや良質のたんぱく質、レシチンやサポニンといったものも豊富に含まれています。またカリウムも摂取できますので塩分の取りすぎにも効果的です。

Copyright © 症状を見逃すな!! 肝臓のSOS All Rights Reserved.