症状を見逃すな!! 肝臓のSOS

肝臓とアルコール

アルコールと薬の関係

薬を飲むときの注意事項のひとつにお酒と一緒に飲まないようにというものがあります。特にサラリーマンなどは接待があるので薬を飲んでからお酒の席に出席する人も少なく無いかもしれませんが、実は大変危険なことなのです。

アルコールもいわば薬の一種であるといえますので薬の種類や量によっては相互作用で肝臓に爆発的な影響を及ぼすことがあります。また薬の効き目が予定以上に強くなってしまって体が危険になることもあります。悪酔いを起こして重症化して最悪の場合死にいたる可能性もありますので注意書きでアルコール厳禁の薬は必ず用法を守るようにしてください。

解熱鎮痛剤などは効き目が強くなる可能性が高い薬です。睡眠薬や精神安定剤、狭心症治療薬や総合感冒薬、糖尿病治療薬や血糖値降下剤などはお酒との飲み合わせが危険な薬です。また抗がん役や抗生物質やてんかんの薬などは悪酔いを引き起こす恐れがあります。決してお酒と一緒に飲まないようにいたしましょう。

また普段からお酒を飲む量が多い人は他の弊害が生じることもあります。例えば麻酔が効きにくいといったことがあります。

お酒をよく飲むことで肝臓の解毒作用が強化され、アルコール以外の薬に関しても強力に解毒してしまうという作用が生じます。ひどい場合には薬がまったく効かないということまで起きることがあるそうです。逆に血糖値降下剤は効果が強くなりすぎて体が低血糖状態を起こしてしまうことがあるそうです。どうしても晩酌をやめられない人は診察の際に医師に申告することによって、より効果的な治療方法を選択してもらえるようになります。

Copyright © 症状を見逃すな!! 肝臓のSOS All Rights Reserved.